WOLFIE (Schluft)

WOLFIE (Schluft) from mo / aiko okamoto on Vimeo.

WOLFIE (Schluft), 2016
music: SETH, WOLFIE, 1080pcollection.bandcamp.com/album/this-is-true-sunseth
sound/camera/edit: Aiko Okamoto
Special thanks to BERLINERBODEN.COM & Sara Amido

Made in Schluft for the exhibition Frischluft tanken, 16th – 17th July, 2016 at BERLINERBODEN.

WOLFIE (Schluft)
WOLFIE (Schluft), 2016, HD Video, 3:14, installation view at Frischluft tanken
Advertisements

FREMD IN MÜNCHEN?

Neue Diskussionsreihe in i-camp/neues theater münchen. Heute: Japan.

Meine Arbeiten sind im Foyer zu sehen.

Fremd in München?
5. März 2015 ab 20 Uhr
i-camp / neues theater münchen
Entenbachstr. 37, 81541 München

Gespräch mit
Monika Renner, Stadträtin von 1990-2014, u.a. im Kulturausschuss
Dr. Oliver Schön, Präsident der deutsch-japanischen Gesellschaft Bayern
Toshio Kusaba, bildende Künstler
Masako Ohta, Pianistin

Im Foyer werden Arbeiten folgender Künstler gezeigt: Masayuki Akiyoshi, Emi Fukuda, Keiji Kawashima, Mizuho Matsunaga, Kaori Nakajima, Aiko Okamoto, Mirei Takeuchi, Genya Yoneoka.

Organisation: Monika Renner, Christine Prunkl
Tickets: Die Veranstaltung ist öffentlich und kostenfrei.

Exhibition @ KOOKOO

I will show my videowork at KOOKOO at OHM, on 6th March. Looking forward! :)

KOOKOO flyer

KOOKOO @ OHM
soothe my mind and set me free…

:: music

ERRORSMITH (MMM) // http://www.errorsmith.de
CRATO (Magazine) // http://www.magazine.mu
MIEKO SUZUKI (Kookoo) // http://www.mixcloud.com/mieko ARA (Kookoo) // http://www.mixcloud.com/houseis

:: art

AIKO OKAMOTO (video installation) // vimeo.com/okamotoaiko
VESSELIN ATANASSOV (video installation) // http://www.vesselinatanassov.com
YUKIHIRO TAGUCHI (stop motion) // http://yukihirotaguchi.wordpress.com/
CARLY FISCHER (light box & flyer artwork) // http://www.carlyfischer.com

Friday, March 6th, 10pm

OHM Gallery – Köpenicker Straße 70, 10179 Berlin http://www.ohmberlin.com

「タンブルウィード 辻(つむじ)」展、好評開催中です。

(c) Mirei Takeuchi
istallation view: Martin Hast, Aiko Okamoto

 

ビデオ作品「Flowers Of Life」(2014)で参加しています。ご高覧ください。

タンブルウィード 辻(つむじ)

参加アーティスト:ティム・ヴォルフ、カルト・オジャベー、岡本愛子、加古智子、小西潤、竹内美玲、仲島香、マーティン・ハスト、シュテファン・マルクス

キュレーター:仲島香

展示期間:2015年1月16日(金)〜2月1日(日)

会場:Gallery 9.5、ホテル アンテルーム 京都、〒601-8044 京都府京都市南区東九条明田町7番

助成:公益財団法人 朝日新聞文化財団、ミュンヘン市Kulturreferat、モーションギャラリー
協力:ホテル アンテルーム 京都

『車輪の道』

ドイツより共同制作アニメ『車輪の道』が 一般民家にインスタレーション作品として出現

Der Weg des Rades (detail) (c) Kaori Nakajima
Der Weg des Rades (detail) (c) Kaori Nakajima

車輪が回転することで、機械は効率よく動き生産性を高め、車はより早く目的地にたどり着く。車輪は普通決められたレールもしくは既存の道の上を走る。道なき道を行くのは車輪にとって困難なことだ。このアニメーション作品では、年齢性別不詳の小さなヒトはとにかく何かをしている。その行為の目的は不明であるが、ひたすら何かを求めているようでいて、また何かに突き動かされているようでもある。このヒトの一連の行為は、どこにたどり着くかも分からないままただひたすら回転している車輪を思わせる。その様々な活動はどちらかというと成功しているとは言い難く、大抵は唐突に終わりを遂げる。しかし、この不条理で不可思議な営みの軌跡として、道が生まれる。車輪の道は人生においての飽くなき試行錯誤のメタファーなのである。Concept, Artwork, Direction: Kaori Nakajima, Animation: Aiko Okamoto, Sound: Peter Kersten

スケジュール 10/9 (Thu.) -12 (Sun.) 12:00-20:00 会場 三谷さんの家 京都市左京区田中上玄京町47 主催 仲島香/岡本愛子/ピーター・ケルステン お問合せ mail: zorome@kaorinakajima.com website: http://kaorinakajima.com twitter: @zo_ro_me

仲島香/岡本愛子/ピーター・ケルステン ミュンヘン在住のアーティスト、仲島香の発案によって、ビデオアーティストの岡本愛子(ベルリン)とミュージシャンのピーター・ケルステン(ハンブルク)が集合。長年の交友関係が今回初のコラボレーションを結ぶ。仲島のファニーかつシニカルなドローイングやコラージュ、ストーリーをベースに、岡本によりユーモラスな動きが生まれ、ケルステンのサウンドも加わり、遠距離共同作業の末、足掛け3年で遂にアニメーション『車輪の道』は完成。三人三様の「少し変」が絶妙に絡まり、インスタレーション作品として一般民家に出現し、異次元ワールドへと観客を導く。 京都エクスペリメント2014 フリンジ企画参加作品 http://kyoto-ex.jp/2014/fringe/

schatzkammer feat. Aiko Okamoto『おなか』

10/4 (Sat.) 14:00
10/5 (Sun.) 14:00

おなかのなかはぐるぐるぐるぐる。
いのちがうごめくどうくつへようこそ。

onaka

おなかに命が宿ることを想像してみる。みるみる育っていくことを想像してみる。自分とは違う心臓の音が聴こえる。わくわくするけど気味が悪い。中にいるのは双子かもしれない。そしてふたりで外に出たらまずなにをするかこそこそ話すのだ。こちらが歌うと笑い出す。ゆかいゆかい。にんげんのおなかににんげんがいる。そのまたおなかににんげんがいる。そのまたおなかに・・・。男の子ならムリデスガ。そんな希望と畏れとアドベンチャーがおなかのなかから溢れ出る様子をダンスとビデオで表現。生命がぐるぐるうずまく、神秘とファンタジー。

出演:夏目美和子
インスタレーション:岡本愛子

チケット料金
500円
*要予約、各回20名限定

会場
a・room
京都市中京区壬生相合町13-15 ナカミチアトリエ303
tel.075-468-1649(アートクリック内)

主催
schatzkammer / Aiko Okamoto

お問合せ
mail: miratoitoi414@gmail.com
website: https://www.facebook.com/schatzkammer000
twitter: @schatzkammer_

予約ページ http://a-room-ii.com/exhibition/?p=551
KYOTO EXPERIMENT 2014 フリンジ企画オープンエントリー作品 http://kyoto-ex.jp/2014/fringe/